30Фって

何?

ヒュー…

「あ…」

「今日は暖かいな〜」

「最近寒かったから ちょっと嬉しいな」

スンッ…

「この 暖かい風を感じると 懐かしい気持ちになるのって 何でだろ?」

「僕だけかな?」

「まぁいいや」

ヒューゥ

ヒラッ…

「ん?」

ヒラ ヒラッヒラッ

「?」

パサッ…

「なんだ?これ」

【30Ф】

「これ なんて書いてあるんだろ…」

「さんじゅ…うーん」

「さん さん…」

「後で辞典見てみるか」

「このФってギリシャ文字と言うのは分かったけど…」

「色んな意味があり過ぎて…」

「シンちゃーん ご飯 まだ?」

「あ はい ただいま」

「…」ブツブツ 

「シンジ君?」

ピコピコ ピピピ

「やった!あたしの勝ちよ」

「うーん…」

「シンジ…?」

ピチョ…ザバーァ… 

「ふーっ うー…ん」

バフッ…

「全く 分からないっ!」

「これじゃないかなって言うのがいくつかあるんだけど…」

「一つに決められないな…」

「うーん…」

「うーん…」

「うーん……ふぁ…」

「うー…」

Zzz…

『ん!?』

『…碇君』

綾波の声…』

『起きて』

綾波?』

『…起きた?』

『うん…』

『…おはよ…』

『うん…って ついさっき寝た様な』

『…? そう…』

『って!綾なっ…』

『…どうしたの?』

『(む 胸っ…み 見えるっ)』

『…これ 気が付いたら着けてた』

『えっ…』

『あんた達!何やってんの?』

『アスカッ…』

『Its me! いつものマリさんだよ』

『真希波さんっ…』

『二人とも なんで そんな』

『知るかっ ここはあんたのアタマん中なんだからぁ』

『えーっ って事はまた ゆ…』

『ユメで片付けんなよ』ギュュ

『いたいっ なんでっ』

『…現なの?』

『はたまたfantasyなのか スンゲーchaosニャァ』

『えと うんと 携帯…』

『無いっ 携帯無いっ』

『あんた 自分で考えるって事しないのっ!?』

『えっ』

『たまには自分で思った事を ズバリ言ってみなさいよ!』

『あ…』

『…碇君 私 この服の意図が分からない』

『ワンコ君 マリのここ いつでも開いてますよ』

『分かった!』

『分かったぞ!』

『何やってたのよ いままで』

『ごめん アスカ ありがとう』

『あたしを誰だと思ってんのよ アスカさんだぞっ』

『この 30Фって』

『3 おっ○い って事だったんだ』

『でも なんで…』

『分かった所で早速なんだけど』

『何?』

『この3つの中で一番を決めてよ』

『えっ…えーっ!!』

エヴァに真のおっ○いは一つで良い』

『シンジ あんた決めなさいよ』

『そんな事言われてもぉ』

『だからぁ 自分で思った事言えば良いのっ』

『誰のおっ○いが好きかって!』

『もぉ なんで…』

『ワンコ君 一番大きいのは私だよ』

『真希波さん…』

『やっぱカ・タ・チよね』 

『アスカ…』

『…この服の真ん中が開いてる意味 教えてくれますか?』

綾波っ…』

『さぁ』『サア』『…さあ』

『どっち?』

『ぁ あ』

『ア?』

『アスカ…』

『えっ ウッソ…』

『ここはいつもならエコヒイキって んであたしがツッコむのがいつもパターンなのに』

『だから アスカ』

『ホ ホントに…あたしを選らんで…』

『もうっ…遅いのよっ…言うのが』

『ホント バカッ…』

『アスカ…アスカ… ダウト!』

『!?!』

ドガッ ボコッ ゲシッ

『あがが…』

『何がダウトよっ!DTの癖にっ』

『姫 寄せてあげて メチャクチャ無茶してるもんね』

『もぉ脱ごう チクチクするからヤなの』

『…碇君?』

『ありゃ こりゃヌッコろされちゃった…』

〜〜

「あれ? 私…」

「ミサト」

「さっきのメモどうしたかしら リツコォ」

「私が知る訳無いでしょう」

「だよね ってか ただの落書きだし いいかっ」

広告を非表示にする